-にきび跡

2009年8月アーカイブ

にきび跡の原因

| コメント(0) | トラックバック(0)

毛穴、シミ、にきび跡、乾燥など肌トラブルに【ピュアオアシスオールインワンゲル】

 

にきび跡とは、にきびを悪化させた結果できる赤みがシミのように残ったり、肌の表面がクレーターになってしまったりする状態のことです。

にきび跡ができる原因としては、主に

・にきびを引っかいたりつぶしたりして悪化させる

・にきび発生後の間違ったスキンケアや治療

・適切な治療をせず放置する

・寝具や洗面用具など肌に直接触れるものが不潔である

といったようなことが挙げられます。また、乾燥肌もにきび跡が残りやすくなります。

にきび跡ができる原因は、毛穴の中にあるにきび菌(アクネ菌)です。にきび菌は常に毛穴の中にあり、殺菌しても完全に消滅させることはできません。にきび菌は皮脂をエネルギーにしており、皮脂が蓄積すると活動が活発化、毛穴内の炎症が真皮にあるコラーゲンや皮下組織を破壊してしまいます。

にきび跡は、にきびを悪化させた結果できるわけですから、にきび跡をつくらないためには、まずにきびができないようにすることと、できてしまったときは治療をきちんとすることが大切です。

にきび跡の種類

| コメント(0) | トラックバック(0)

表面が滑らかになり、にきび跡が目立たなくなります!口コミ率98%以上の実感コスメ!57%OFF!...

 

にきび跡は、にきびを悪化させてしまった結果できます。

にきび跡には、

・にきびの炎症が治まったあとの組織が収縮し、凹んでクレーター状態になってしまったもの

・組織が厚く肥大しケロイドのように盛り上がったもの

・にきびの跡が色素沈着してしまったもの

以上の3つがあります。

クレーター状態や盛り上がったにきび跡は、できてしまったにきびの度合いが深く関係しています。

にきびの炎症や化膿がひどい場合は、再生能力の高い角質層よりも下の「真皮」と呼ばれる、肌の形を保持する役割を持っている部分にダメージを与えてしまいます。そのため、これらのにきび跡は直りにくくなるのです。

にきびの跡にできる色素沈着とは、肌のシミのことをいいます。色素沈着はにきびばかりでなく、炎症を起こした部分にできやすく、これを炎症後色素沈着といいます。

にきび跡を直すのは難しく、場合によっては一生残ってしまうことも少なくありません。にきびは皮膚の病変であり、でこぼこしたにきび跡やシミの発生を防ぐためにも、きちんとした治療が必要です。たかがにきびと侮り、あとで後悔しないようにしたいですね。

 パニック障害とサプリメント  アメリカのサプリメント  にんにくサプリメント

にきび跡の予防

| コメント(0) | トラックバック(0)

★ポイント最大3倍★8/17(月)am9:59まで☆開ききった毛穴・にきび跡・クレーターに!無香料・無...

 

にきび跡には、凹んでクレーター状態になってしまったもの、ケロイドのように盛り上がったもの、色素沈着してシミになってしまったものがあります。にきび跡ができる原因は、毛穴の中にあるにきび菌です。

にきび跡は、一度できてしまうと自然回復は難しく、化粧品でケアすることにも限界があります。

にきび跡、特にクレーターになってしまったものや盛り上がったものは、一生残る場合もあるので、日頃からひどいにきび跡をつくらないように予防することが大切です。

にきび跡の予防には、にきびをできないようにすることがまず第一ですが、もしにきびができてしまったときには、引っかいたりつぶしたりしないことです。そして、肌を清潔に保ち、脂肪分や糖分が多い食事を摂りすぎないようにすること、ビタミン類をきちんと摂りホルモンのバランスを崩さないよう規則的な生活をすることなども大切です。

また、にきび跡の予防としては、毛穴の汗と皮脂のバランスをとることが重要で、そのためには肌の乾燥を防ぐようにします。

乾燥肌を防ぐには、洗顔の際に皮脂を取りすぎないようにする必要があります。洗顔には弱酸性の洗顔料を使用し、化粧水などで水分補給をするといいでしょう。そのほか、エアコンを使用するときの室温や湿度などにも注意したほうがいいでしょう。

 レディースローン  初心者のためのキャッシング利用方法  キャッシングローンの比較

【タイムバーゲン】新セロラBB 270錠【第3類医薬品】にきび、肌荒れ、口内炎にチョコラBBのジェ...

 

にきび跡(クレーターや盛り上がった状態)は、一度できてしまった場合、完全に直すことはできません。しかし、はた目には分からない程度にまで治療することは可能のようです。

にきび跡の治療法にはいくつかの方法があります。

○レーザー治療~いろいろあるレーザーの種類から、その人の症状に合わせたレーザーを照射する治療法。色素沈着や肌の赤みなど、ほとんどのにきびの症例に対応。

○ケミカルピーリング~化学物質によって肌の角質層を削り取る治療法で、にきび跡のクレーターを目立たなくする効果がある。

○ビタミンC誘導体~ビタミンCを塗り、皮膚の上から作用させる。色素沈着のにきび跡に効果があるうえ、コラーゲンを生成する働きがあるため、凹凸になってしまったにきび跡にも効果があるとされる。

○ヒアルロン酸注入~凹部分にコラーゲンやヒアルロン酸を注入して目立たなくする方法。数カ月~半年程度で自然吸収されてしまうので、定期的な注入が必要。

○ウエットピーリング~ピーリングと同時に、ヒアルロン酸やハイドロキノン、サリチル酸、ビタミンCなどのさまざまな薬液を肌に浸透させる治療法。

○イオン導入~ビタミンC誘導体を電流の流れに乗せ、肌の深部へと送り込んでビタミンC誘導体の効果を高め、肌への浸透性を高める治療法。

にきび跡の治療法には、これらのほかにも、漢方薬やホルモン剤、外用薬(抗生物質・ビタミン剤・角質剥離剤)などを用いたものがあります。

にきび跡の治療においては、症状に合わせてさまざまな治療法を組み合わせて行うことも可能ですが、いずれにしても、それぞれの状態に合った治療法を行っている皮膚科や美容外科などを選ぶことが大切です。

 無利息ローン  カードローン  クレジットカードの選び方  教育資金
カテゴリー
更新履歴
にきび跡の原因(2009年8月13日)
にきび跡の種類(2009年8月13日)
にきび跡の予防(2009年8月13日)
にきび跡の治療法(2009年8月13日)
カテゴリー
更新履歴
にきび跡の原因(2009年8月13日)
にきび跡の種類(2009年8月13日)
にきび跡の予防(2009年8月13日)
にきび跡の治療法(2009年8月13日)