Top > にきび跡の原因

にきび跡の原因


毛穴、シミ、にきび跡、乾燥など肌トラブルに【ピュアオアシスオールインワンゲル】

 

にきび跡とは、にきびを悪化させた結果できる赤みがシミのように残ったり、肌の表面がクレーターになってしまったりする状態のことです。

にきび跡ができる原因としては、主に

・にきびを引っかいたりつぶしたりして悪化させる

・にきび発生後の間違ったスキンケアや治療

・適切な治療をせず放置する

・寝具や洗面用具など肌に直接触れるものが不潔である

といったようなことが挙げられます。また、乾燥肌もにきび跡が残りやすくなります。

にきび跡ができる原因は、毛穴の中にあるにきび菌(アクネ菌)です。にきび菌は常に毛穴の中にあり、殺菌しても完全に消滅させることはできません。にきび菌は皮脂をエネルギーにしており、皮脂が蓄積すると活動が活発化、毛穴内の炎症が真皮にあるコラーゲンや皮下組織を破壊してしまいます。

にきび跡は、にきびを悪化させた結果できるわけですから、にきび跡をつくらないためには、まずにきびができないようにすることと、できてしまったときは治療をきちんとすることが大切です。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
にきび跡の原因(2009年8月13日)
にきび跡の種類(2009年8月13日)
にきび跡の予防(2009年8月13日)
にきび跡の治療法(2009年8月13日)